2007年09月23日

釣りとか

先日、新宿紀伊国屋書店にてCRコミックスフェアを開催中とのことで、丁度別件で当地に足を運んだついでに覗いてみることに。
しかし私の本はなんと品切れ中!折角描いた描き下ろしのポップも発見出来ず。棚の正面にフェアの残り火を発見したので撮影(涙)。

pop

まあしかし売り切れってことはそれなりに売れてるってことで、いいことですよね。うん。


そしてその翌日は高校時代の友人と一緒に渓流釣りに行ってきました。
友人は職業釣り雑誌ライター兼デザイナーで、無論釣りには超精通。ヘリで行くようなロシアの川で恐竜みたいな魚を釣ってきたりします。
で、私はというと子供の頃に親に連れられ事情も良く飲み込めぬまま釣堀で餌を垂れ下げノーヒットという輝かしい釣り経歴の持ち主。竿からルアーからウェーダーから全部その友人に借りていざ山梨の管理釣り場へ朝5時に出発〜。

道中朝霧が出たりもしましたが現地の天気は快晴。

IMGP0387.jpg

早速お金を払い仕度を整えて、とりあえず渓流横の溜池にて人生初キャスト!!
ぶいんと勢い良くルアーを振ると、へろりんこと頼りなげな軌道を描いて予定外エリアに軟着水。まあ陸に乗らなかっただけ良しとし、リールを一定速度で巻き上げていくと何匹かの魚が興味を示してスーッとルアーの後を尾けてくる。やべえ、楽しいなこれ!!
しかし流石に釣り上げるには至らず、最初の30分位はキャストとリール巻きの練習を兼ねて延々同じ作業を繰り返していく。しかし全然飽きない…。ひとつの物事に没頭するタイプは釣りに向いているというらしいが、正に自分にはドンピシャだった。

そして、その時は来た。

「ヒッツ!!!」
小気味良い引きが竿を撓らせる!そのままロッドにテンションをかけつつリールを巻き慎重に岸まで魚を手繰り寄せ、友人が網で掬って見事に人生初釣果をいただき!!!!!
釣れたのはニジマスだ!!虹色がキレイ〜(ほわ〜)

niji

…しかしヒットした瞬間は最高に楽しいっすね…。ルアーなんて単なる作りモンで、こんなオモチャで魚が食いつくなんてアンタいくらなんでもありえないアッハッハ!とか思ってたらヤツラもなかなか手に負えない馬鹿なもんでね。巧く泳がせれば反射で食いついてくるらしい。たまりませんフィッシング。今夜のおかずはニジマスです。

そして池はもう飽きたので(早)今度は川の方へと漁場を移動。

川はこないだの台風の影響でかなり土砂にやられていて、水深が普段の半分位になってしまっていました。少し上るともうホントに自然渓流まんまのような光景が広がっていて冒険野郎の血が騒ぐ。しかしそういう場所に棲息する魚は例え低知能でも警戒心は無茶苦茶強く、なかなか私のような初心者には厳しかろうという事で、まずは下流で川釣りの基礎を学ぶべくフィッシュオン。

IMGP0373.jpg

川では溜池と違ってルアーにある程度アクションをさせる必要があるという。竿の撓りを使ってピッ、ピッとルアーを機敏に撥ねさせると、魚は反射で引っ掛かってくるらしい。
最初はこれが難しくてなかなか出来なかった!!あとキャストがどうにも精度が低くて思った所に落ちずに根がかりしてしまう。
ちなみにこの日一日私は釣れたら
「釣れたー!!」
と大声で友人を呼び、友人に網で魚を掬って貰ってフックを外して貰い、
根がかりすれば
「引っ掛かったー!!」
と大声で友人を呼び、友人が根がかりした箇所までジャボジャボ入っていってルアーを外して貰うという、ほぼ完全に王様状態だった(ええ、いつものことです)。

まあそんな感じでベテラン釣り師の友人に迷惑かけつつ勝負していると、遂にロッドに手ごたえが!!
流石に相手は川育ち!溜池のボンボンとは鍛え方が違います!!何とかテンションを維持して相手を手繰り寄せ、友人の網使いで見事ゲット!!!
でかい!!!!!

nijimasu

釣りキチの友人も
「これはイイ大きさだねえ〜」
と言っていました。今ふと思いましたが、釣りキチって今じゃ放送禁止なんじゃ。

そしてそれ以後、私は数多くのビギナーズラックを頂戴することに…。
や、もうね。バクバク釣れた!!計20匹は釣ったね。お持ち帰りは10匹迄なのでリリースもしたけどなかなか初心者とは思えない破竹の勢い。釣りでは12時間立ちっぱとかでも全く苦にならないし(後日の筋肉痛は死ぬかと思うが)。

昼には管理事務所で釣ったニジマスを塩焼きにして貰う。これがまた美味かった…。

IMGP0398.jpg

……しかしここでふとある事に気付く。
良く考えたら今までまだニジマスしか釣れてません。ヤマメとイワナも居る筈なのに…。おかしい。下流の方にはいないのかもしれない。

という訳で腹を満たした後は、いよいよ上流、源流さながらの未開の地へと遂に足を踏み入れる事に。
ウェーダーという、魚屋のおっさんが履いてるカッパのズボンを履いていざ急流の中へ。しかしこの流れの強さが半端なし。足が軽く持っていかれます。

IMGP0436.jpg

IMGP0434.jpg

IMGP0417.jpg

しかしその奥地はとても素晴らしい景色で、魚釣りも忘れて見惚れてしまいそう。
と、そこで友人がすかっとフィッシュオン。私もみようみまねでフィッシュオン。
しかし流石に上級者向け漁場。下流と違ってそう易々とは当たりが出ません。10分程投げては場所を変え、また10分投げては場所を変えと、そのまま延々上流へと歩を進めて行きます。

そして何度目かのチャレンジで友人が遂にヒット!!!
しかもニジマスではなく待望のイワナ!!!!!!
私も負けじと投げまくって何とかヒット!!!
しかしニジマス!!!!(泣)

それ以降は友人がもう一匹ニジマスを釣ったっきりで、それ以上の釣果はありませんでした。。
しかし眺めも良かったし、この酷暑の中非常に涼しくて過ごし易かったし、最高でした…。上流。上流最高。

下流に戻ってからは日没までまた溜池で釣り。理由は他の魚を釣り上げたかったからですが、やはり釣れたのは全部ニジマスでした…。

久々に終日アウトドア漬けでとても充実した一日。帰りに友人に家に寄って貰って持ち帰った魚を捌いて貰い(とことん使い倒してるな)、冷凍庫に収めて全ておしまい。

IMGP0449.jpg

しかしこれはイカン。はまりそう。また絶対行きたいなーと思いました。今度は海釣りもいいね!!!
posted by kojita at 20:21| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
川釣りカッコイイですね。
釣りは海釣りしかやったことありません。
(もう何年もやってないのでやり方ほとんど忘れてますが)
ヤマメやイワナは用心深いので一日勝負だと、川釣り好きの会社の人から聞いたことがあります。
(大物は月に何度も通い一年がかりで勝負らしいです。主クラスは居るのはわかっていて一日勝負しても岩影から出て来ないのが普通だそうです。)
暑さもやわらいできたから、いいころあいですね。

私事ですが、今だに十月のうどんツーリングの予定たててない。怒られてしまうな。
では失礼します。
Posted by BAJA野郎 at 2007年09月24日 02:41
はまりそうというより、すでにすっかりハマった感じだったね。
釣る魚によってはもっと手軽にできるから、仕事の息抜きにももってこいだと思うよ。

では次回は海へ……あ、湖でワカサギっていうのもいいね。食べてうまいし、100尾以上釣れるよ(笑)
Posted by amemasu at 2007年09月26日 18:44
>BAJA野郎さん
やはりイワナやヤマメは用心深いんですなー。うー釣りてー!(笑)
うどんツーリングいいですね〜。関東だとうどんの名所ってどこなんだろう?ほうとうなら山梨だけど。。

>amemasuさん
ようこそ!(笑)
うむ、すっかり堪能してしまいました。また行きたいのでヒマを見つけて是非に。うちのアシさんに声かけたら行きたいって言ってたんで来月辺り行けたらええの〜。
ワカサギって凍った湖に穴開けてやるんじゃないの?そして100匹もいらないし!(笑)
Posted by kojita at 2007年09月27日 16:00
関東地方のうどん名所は行ったことないのでなんとも言えません。
すみません。
四国のうどんなら多少コメント出来ますが関東地方は遠いので。
ほうとうは食いにいきたいな。
(大好物なのだが関西地方では、麺自体が滅多に流通しないので食べられない)
私の経験では、「ほうとう」と「きしめん」は、完全に好みが別れてます。
味重視のほうとう派か食感重視のきしめん派です。
わりとはっきり別れてるので、おもしろいなと思いました。
Posted by BAJA野郎 at 2007年09月30日 11:56
確かにほうとうときしめんは違いますね。私はどちらかというとほうとうの方が好きかな?
けどこないだ談合坂SAでお土産に買ったほうとうはイヤに酸っぱくてあまり美味しくなかった…。
ちなみにうどんは関東だしのものよりやはり讃岐が圧倒的に美味いと感じます。
Posted by kojita at 2007年10月10日 21:12
四国のうどんといば、四国出身の某漫画家が後書きで、関東地方に引越して衝撃的だったのは、「関東のうどんは黒くてマズイ 」とあり、なるほどと思った事があります。
(黒いは、うどん汁の色の事です)
四国のソウルフードへの思い入れの違いは圧倒的だと思った事があります。
四国のセルフうどん屋に行くと若い人がファーストフードとして利用しているのが非常に多いのがまた文化の違いを感じる事ができ興味深かったりします。
Posted by BAJA野郎 at 2007年10月14日 11:25
関東うどんは黒いと言われますね。関東で育つとあれが普通になりますが、初めて讃岐うどんを食べた時はかなり衝撃でした。
四国はまだ四島のうち唯一行った事がない土地なのでいずれ単車ででも行ってみたいです!
Posted by kojita at 2007年10月18日 12:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5562827
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
home